野球

【日本ハム】2023年のローテ・リリーフ予想【先発・中継ぎ・抑え】

スポンサーリンク

他力本願寺の子

日ハム、2023年の先発ローテやリリーフ陣を予想しています!

2023年の新球場開幕とともに日本一を目指して...

人気記事
【日本ハム】トレード・助っ人外国人・ドラフト・FA・現役ドラフト【2023補強情報】

現状・先発投手

2022年シーズンの先発登板数は、以下の通りです。

<2022年先発登板数の一覧>

選手名 先発登板数
伊藤 23
上沢 23
加藤 21
ポンセ 14
上原 11
根本 11
杉浦 9
吉田 4
鈴木 4
田中 4
河野 3
池田 3
立野 3
金子 3
メネズ 2
生田目 2
北山 1
1
1

 

2022年シーズンは、開幕3連戦から北山吉田輝星の3人が先発を務めたことや、支配下登録選手が全て1軍登板を経験(ケガで離脱していたガントを除く)していることから分かるように、勝つことよりも、選手の成長を促すことに充てた1年でした。

そんな中でも、伊藤大海が2年目のジンクスなんて言葉を忘れてしまうほどの安定感を見せたり、加藤がキャリアハイの成績を残しました。

さらには、エース上沢や、助っ人右腕のポンセがノーヒットノーランを達成したり、このほかにも、高卒2年目根本上原、アンダースローの鈴木健矢が経験を積みました。

 

現状・リリーフ

2022年シーズンのリリーフ登板数は、以下の通りです。

<2022年リリーフ登板数の一覧>

選手名 リリーフ登板数
北山 54
玉井 50
吉田 46
40
石川直 36
古川侑 33
宮西 24
ロドリゲス 22
井口 22
河野 18
西村 18
上原 14
鈴木 14
福田 13
メネズ 12
北浦 11
望月 9
谷川 8
杉浦 7
柿木 4
伊藤 3
根本 2
長谷川威 2
加藤 1
池田 1
畔柳 1
松浦 1

 

2022年は、これまでリリーフ陣を支えてきた宮西の不調のほか、ロドリゲスの調整不足など、リリーフ陣の成績が芳しくなく、勝ちパターンを確立することができませんでした。

その一方で、2023年につながる明るい材料としては、開幕からクローザーを務めたドラ8北山や、後半クローザーを担った石川直也、ビハインド時を中心に様々な場面での登板を経験した吉田輝星があげられると思います。

このほかにも、若手では、シーズン終盤にプロ入り初登板を経験した畔柳松浦など、高卒ルーキーが150キロを超えるストレートを連発しました。

これは個人的な感想ですが、育成契約から支配下を勝ち取った古川侑がビハインド時、イニングまたぎ等、様々な場面で起用され、泥臭く腕を振り続けていて、心を打つものがありました。←現役ドラフトで放出されることが決まってしまいました...ソフトバンクでも頑張ってほしい

 

先発ローテーションの予想

<現戦力>

新球場の開幕投手に指名されている加藤上沢伊藤大海はローテ入りが確定していると思われます。

年俸が大幅減で残留したガントポンセも計算できる投手として、ローテ候補に挙がってくるでしょう。

若手では、2022年に3勝挙げた根本鈴木健矢達孝太にかかる期待は大きく、このあたりの投手の活躍がチームの順位に直結していくと思います。

また、本来なら、戦力としてローテ入りすることが望まれていた河野立野の2019年ドラフト1位と2位コンビの復調や飛躍にも期待です。

 

<新戦力>

今のところ、先発型投手の新たな加入は、特にありませんが、ケガで1度も登板がなかったガントとの再契約は実質新戦力の加入と考えてよいかもしれません。

 

 

 

リリーフ陣の予想

<現戦力>

2022年は、確立できなかった勝ちパターンをどのように固めていくのか、ここが2023年シーズンの優勝に向けた1番の課題なのではないでしょうか。

クローザー候補としては、石川直也北山を筆頭に、や2021年にクローザーを務めた杉浦、高速ツーシーマーのロドリゲス、はたまた、ポンセガントのクローザー転向まであると思われ、調子や相手チームとの相性から、複数人のクローバー候補をローテーションすることも考えられます。

次にリリーバーですが、宮西などのサウスポーや、ピンチの火消し役として玉井井口、変則左腕に福田長谷川メネズなど、一定数は確保されています。

ただし、パワー型リリーフが不在で、ここには直球が強く落ちる球を兼ね備えたリリーバーになりえる西村畔柳の覚醒が待たれます。

このほかにも、2022年リリーフ陣の成績は芳しくなかった要因は、選手の能力ではなく、運用面だと思うので、MLBでのリリーバー経験を持つ建山コーチの手腕に期待です。

 

<新戦力>

リリーフの新戦力には、トレード入団の齋藤友貴哉齋藤綱記、ドラフトでは金村宮内、現役ドラフトで入団の松岡が挙げられます。

また、育成枠の松本遼大がフェニックスリーグで頭角を現し、秋季キャンプでも建山コーチが高く評価をしており、ビックサプライズでクローザーがあったりするかもしれません。

 

 

 

野球観戦はDAZNで

野球中継は、様々な形態で配信されていますが、DAZNがオススメです。

①場所を選ばず観戦できる(テレビ・スマホで観戦可能)

②全ての試合を網羅している(広島主催試合を除く)

③見逃し配信・追いかけ再生が可能

そして、何よりもオススメできる点が、1か月の無料視聴期間があることです。

試しに加入して、無料視聴期間中に解約すれば、お金がかからない点が素晴らしいと思います。

DAZNを試してみる

 

選手名鑑を野球観戦のお供に

野球観戦のお供に選手名鑑があると、面白さが変わってきます。

選手名鑑が1冊手元にあるだけで、面白さが変わってくるので、1シーズンに1冊の購入をオススメします。

私は、これまで野球太郎の選手名鑑を愛用してきました。

各選手ごとに、その選手の強みがハッキリと可視化されたグラフがついている点が素晴らしいです。

※野球小僧時代を含めると10年以上、野球太郎の選手名鑑を愛用

 

野球太郎の選手名鑑が気になった方は、以下のリンクからチェックしてみてください

 

最後に

優勝に向けたキーポイントは、勝ちパターンの確立だと思うので、建山コーチがリリーフをどのような布陣で組み立てるのか、大注目です。

個人的にはドラ2金村の外角低めのストレートが好きなので、どのポジションで起用されるのか、追いかけてみたいと思います。

あしからず。

 

以下のリンクでは、2023年のスタメン予想やポジション別のスタメン出場数などのブログを書いていますので、良ければ、どうぞ。

【日本ハム】2023年のスタメン予想【オーダー・ポジション】

【日本ハム】トレード・助っ人外国人・ドラフト・FA【2023補強情報】

【日本ハム】2022年のスタメン出場数・登板数まとめ【データベース】

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

他力本願寺の子

深夜ラジオが好きです。 伊集院光の深夜の馬鹿力、爆笑問題カーボーイ、おぎやはぎのメガネびいき、バナナマンのバナナムーンGOLD、エレ片のコント太郎、チュートリアルのキョートリアル、ケンドーコバヤシのTENGA茶屋...等々を聴いています。

-野球

Copyright© 他力本願寺の子のラジオごっこ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.